エネルギー貯蔵システムメーカーの米Aquion Energy社は1月7日、ハワイに構築されるマイクログリッドに、容量1MWhの自社のエネルギー貯蔵システムを供給すると発表した。

 同社は、Aqueous Hybrid Ion batteryと呼ぶ独自の蓄電池で知られている。

 太陽光発電をベースとし、系統に連系しないオフグリッド型(独立型)のマイクログリッドを、ハワイ島のBakken Haleに構築する。太陽光発電による電力を蓄電し、Bakken Haleにおける消費電力のすべてを賄えるようにする。

 オフグリッド型のマイクログリッドは、ハワイでの太陽光発電の経験が豊富な、米Renewable Energy Services社が設計、施工する。

 出力176 kWの太陽光発電システムと、容量1MWhの蓄電池システムのほか、非常用のプロパンガス発電機で構成する。太陽光発電システムの年間発電量は、350MWhを見込んでいる。

 蓄電池システムは、日中の8時間は太陽光発電による電力を充電し、夜間の16時間は放電する。Aquion Energy社の蓄電池は、こうした充放電サイクルでの利用に向くとしている。