PR

 日本生産性本部グローバルマネジメントセンターは2015年1月16日、サプライチェーンに関する国際的専門資格「CPIM」「CSCP」と、サプライチェーンの標準的業務プロセス「SCOR」についての普及活動へ体制を整えたと発表した。CPIM(APICS Certified in Production and Inventory Management)とCSCP(APICS Certified Supply Chain Professional)は、サプライチェーン管理(SCM)に関する教育を専門とする機関のAPICS(本部:米シカゴ)の個人向け資格認証制度で、SCORは米Supply Chain Counsil(SCC)が1996年から提唱しているサプライチェーンの標準的業務プロセス。SCCがAPICSに統合されたのを機に、日本国内でも両者に関する活動を連携させる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)