PR

 三井不動産は、「柏の葉スマートシティ」(千葉県柏市)にNAS電池を設置し、2015年1月に運転を開始したと発表した。これにより、大規模施設間で電力を相互に融通するシステムが本格的に稼働する。相互融通の効果で、約26%の電力ピークカットや、年間約1000万円のコスト削減効果を見込む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料