PR
新製品の機能ブロック図 Holtekのデータ。
新製品の機能ブロック図 Holtekのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾Holtek Semiconductor社は24ビットΔΣ型A-D変換器とLCDドライバーを内蔵した8ビットMCU「HT67F5630」を発表した(ニュースリリース)。電子秤などに向ける。

 高精度の測定が必要とされるアプリケーションに向けた製品で、集積した24ビットΔΣ型A-D変換器の有効ビット数(ENOB)は18ビットだという。このA-D変換器はLDO出力を備える。また、小信号向けのPGA(programmable gain amplifier)を内蔵する。

 CPUコアは同社独自の8ビットRISCコアで、最大動作周波数は20MHz。4Kバイトのフラッシュメモリーや、128バイトのSRAM、32バイトのEEPROMを集積する。周辺回路としては15画素×4画素のLCDを直接駆動できるLCDドライバーのほか、5種類の動作モードを持つタイマーモジュール、コンパレーター、RC発振器などを備える。動作温度範囲は-40~+85℃。電源電圧範囲は2.2V~5.5V。パッケージは48ピンLQFP。