PR
新製品の機能ブロック図 Microchipのデータ。
新製品の機能ブロック図 Microchipのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microchip Technology社は、最大2つの閉ループ制御チャネルを備えた8ビットMCU「PIC16(L)F1769ファミリー」を発表した(ニュースリリース)。PICファミリー製品で、2つの閉ループ制御チャネルを備えたのは今回が初めてである。

 独自のCPUコア「PIC16」と最大14Kバイトのフラッシュメモリー、1KバイトのSRAM、128バイトのデータ・フラッシュ・メモリーを搭載する。また、トライステートオペアンプ、10ビットA-D変換器、5/10ビットD-A変換器、10/16ビットPWM、高速コンパレーター、最大100mA対応のI/O(2本)、PRG(Programmable Ramp Generator)などを内蔵する。これらを組み合わせて、モーター制御や電源制御などに向けた、最大2つの閉ループ制御チャネルを構成できる。

 さらに新製品では、内蔵する、データ信号モジュレーター(DSM)や、オペアンプ、16ビットPWMを組み合わせて、ハードウエアベースのLED調光機能を実現できる。LED調光機能と電源回路向けの電流制御機能を組み合わせることで、LEDの長寿命化などのメリットを提供可能だという。

 また、新製品は、CPUコアから独立して制御可能なCIP(Core Independent Peripheral)として、CLC(Configurable Logic Cell)やCOG(Compelementaly Output Generator)、ZCD(Zero Crossed Detect)を内蔵している。CPUコアの負荷を抑えながら、複雑な制御系を実装できるとする。

 PIC16(L)F1769ファミリーの最初の製品はPIC(L)F1764、PIC(L)F1765、PIC16(L)F1768、PIC(L)F1769の4つ。いずれもサンプル出荷中で、2015年3月中に量産開始の予定。パッケージは14ピン/16ピンのPDIP/SOIC/SSOP/TSSOP/QFN。1万個発注時のチップ単価は0.87米ドルからである。