PR
図:成駒も再現できる「電王手さん」

 デンソーは、将棋ソフトの指し手を盤上に再現する垂直多関節ロボット「電王手さん」をプロ棋士対将棋ソフトの団体戦「将棋電王戦FINAL」(主催:ドワンゴ、日本将棋連盟)に提供する(図、ニュースリリース)。2015年3月14日~4月11日に開催される全5局に出場する予定だ。

 電王手さんは、デンソーとデンソーウェーブが共同開発した医薬・医療用のロボット「VS-050S2」をベースに、将棋対局専用に設計されたもの。最大の特徴は「成り」の動作を実現したことだ。前身の「電王手くん」は、コンプレッサーで駒を吸着するため、いったん駒を吸い上げて成駒専用の台に移動させ、反対面から吸着し直して盤上に戻す必要があった。それに対して電王手さんは、新開発のグリッパーで駒をつかみ、その場で裏側に回転させて成駒にできる。加えて、目的の駒を隣の駒に触れることなく動かせるので、公式棋戦と同じ将棋盤と駒を使える。

 駒が斜めになっていたり、ずれて置かれたりしても、アームの先端に装着したカメラが多方向から画像認識し、1mm以下の誤差で着手する。長時間の連続稼働が可能なため、終日行われる対局にも対応できる。このように電大手さんは、従来に比べて人間同士に近い将棋対局を再現する。ただし、棋士の安全を確保するために、棋士との間にはエリアセンサーを設置する。

 将棋電王戦FINALは、5人のプロ棋士と5つのコンピュータによる団体戦で、3勝した方が勝者となる。2014年の「第3回将棋電王戦」には、デンソーウェーブが電王手くんを提供し、注目を集めた。