PR
がん患者の尿に反応
がん患者の尿に反応
[画像のクリックで拡大表示]
線虫が引き寄せられる
線虫が引き寄せられる
[画像のクリックで拡大表示]

感度96%、特異度95%

 研究グループは以上の結果に基づき、線虫の嗅覚を活用したがん診断テストの精度を調べた。具体的には242検体(がん患者が24、健常者が218)の尿について、線虫の反応を調べた。

 この結果、がん患者24例中23例が陽性を示し、健常者218例中207例が陰性を示した。すなわち、感度(がん患者をがんと診断できる確率)は95.8%、特異度(健常者を健常者と診断できる確率)は95.0%だった。同じ被験者について同時に検査した他の腫瘍マーカーに比べると、感度が圧倒的に高かったという。

 がん患者24例中5例については、尿採取時点にはがんが判明しておらず、2年後の線虫嗅覚テストの時点までに判明した。また、がん患者24例中12例はステージ0または1の早期がんで、すべて陽性だったという。