PR
今回の新製品 Qualcommの写真。
今回の新製品 Qualcommの写真。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Qualcomm社子会社の米Qualcomm Technologies社は、「Snapdragon 410 Processor」を搭載した開発ボード「DragonBoard 410c」を開発した(ニュースリリース)。クレジットカードや名刺と同程度と小さいこと、および低価格なことが特徴である。

 DragonBoard 410cは組み込みコンピューティングやIoE(Internet of Everything)市場に向ける。具体的には次世代ロボット、カメラ、STB、ウエアラブル機器、医療機器、自動販売機、ビルオートメーション、工場制御、デジタルサイネージ、カジノ向けゲーム機などを挙げている。

 新製品が搭載したSnapdragon 410(日経テクノロジーオンライン関連記事)は最大1.2GHz動作の「ARM Cortex-A53」を4個と400MHz動作のGPUコア「Adreno 306」を搭載し、H.264に対応する1080pのビデオ録画/再生や、最大1300万画像のカメラサポート、LPDDR2/3型SDRAM対応などの機能を持つ。

 このSnapdragon 410に加えて、新製品は、Qualcomm VIVE 802.11b/g/n Wi-Fi/Bluetooth/FMを搭載するほか、Qualcomm IZat Gen8C GNSSチップを備える。またI/OインターフェースとしてHDMIとUSB 2.0 micro B(Device modeのみ)、USB 2.0 type A(Host modeのみ)を2本、microSDカードスロットを搭載している。拡張コネクターとしては、40ピンLow-Speedコネクター(UART/SPI/I2S/I2C(2本)/GPIO(12本)/DC電源用)、60ピンHigh-Speedコネクター(4L-MIPI DSI/USB/I2C(2本)/2L+4LMIPI CSI用)、そしてアナログ拡張コネクター(ヘッドセット/スピーカー/FMアンテナ用)を備える。

 新製品は「96Boards」のConsumer Edition仕様に対応しており、96Boards用のアドオンカードやシールドがそのまま利用できるとする。OSはAndroidとLinuxがサポートされる。

 DragonBoard 410cは2015年夏にサードパーティの代理店経由で販売開始の予定。現時点では、具体的な価格は公表されていない。