PR

 米Cypress Semiconductor社は、自動車向けMCUファミリーである「Traveo MCU」に「S6J32BA」と「S6J32DA」の2製品を追加した(ニュースリリース)。両製品とも、コンパクトカーのクラスターソリューションに向ける。

 今回発表の2製品はどちらも「ARM Cortex-R5」をベースとしたMCUで、1Mバイトのフラッシュメモリーと1MバイトのVRAM、ハードウエアセキュリティ拡張を備える。既存の2次元グラフィックス搭載MCUの「S6J324C」および3次元グラフィックス搭載MCUの「S6J326C」の派生品(日経テクノロジーオンライン関連記事)である。

 既存製品と新製品の違いはメモリー容量で、フラッシュメモリーとVRAMの両方の容量が2Mバイトから1Mバイトに変更になった。同社によれば、既存製品は中型車向けで、今回の新製品は小型車(コンパクトカー)向けである。VRAM容量の削減により、従来製品がWVGA+WQVGAの画面表示が可能なのに対して、今回の新製品ではWQVGA×2の構成とされる

 そのほかの主な仕様に関しては変化はない。CAN-FDやEthernet AVBの対応、LVDS/RSDSのサポート、最大4つのステッピングモーターを制御可能な点は既存製品と同じ。またデータフラッシュメモリー接続用に、同社のHyperBusインターフェースを搭載する点も同じである。

 現在、S6J32DAはサンプル出荷を開始中。S6J32BAは2015年4月よりサンプル出荷開始予定である。