PR
bmic-ZR Ver.2.0の「多職種連携ビューワー」のホーム画面イメージ
bmic-ZR Ver.2.0の「多職種連携ビューワー」のホーム画面イメージ
[画像のクリックで拡大表示]
在宅ケア業務支援アプリケーションの画面イメージ(iPhone版の処置画面)
在宅ケア業務支援アプリケーションの画面イメージ(iPhone版の処置画面)
[画像のクリックで拡大表示]

 インターネットサービスプロバイダーのソネットは、多職種連携支援と在宅ケアの業務効率化に向けたSaaS型ソリューション「bmic-ZR(ビーミック ゼットアール)Ver.2.0」を2015年4月28日から提供する(リリース)。在宅療養支援診療所や歯科医院、訪問看護ステーション、薬局、特養ホームなどでの利用を想定する。

 bmic-ZRは、医療・介護従事者の連携を支援し、在宅ケアにおける業務の効率化をサポートする。2014年9月の提供開始後、在宅療養支援診療所などで利用されているという。今回提供を始めるVer.2.0は、現場からの要望を反映して使い勝手を高め、利便性と効率の改善に向けた新機能も追加。今回のバージョン更新を機に、本格稼働させる。初期費用は1万5000円からで、月額費用は5000円から。

 新バージョンでは、コミュニケーション機能などを強化。在宅ケア業務支援アプリケーションでは「連絡板機能」を拡張し、タブレット端末やスマートフォンでの閲覧や投稿を可能にした。患者家族などからのメッセージが連絡板や申し送りに反映される「メッセージポスト」も追加した。在宅ケア業務支援アプリケーションはマルチデバイス対応で、Android端末に加えて2015年5月からはiPhoneやiPadでも利用可能になる。

 無操作状態が続くと画面をロックするセキュリティー機能やケアチームの関係者を一覧表示できる機能も搭載。定型文管理機能やソート機能、対応ブラウザーなども改善した。