「Copper Mountain Solar 3」の施工の様子(出所:米Cupertino Electric社)
「Copper Mountain Solar 3」の施工の様子(出所:米Cupertino Electric社)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国の電力系会社のCupertino Electric社は4月6日、米国のエネルギー会社であるSempra U.S. Gas & Power社、米国の再生可能エネルギー発電事業者のConsolidated Edison Development社が共同開発した、出力250MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「Copper Mountain Solar 3」の施工を担当したと発表した。

 ネバダ州のボルダーシティに立地しており、Cupertino Electric社は、英国の建設会社であるAmec Foster Wheeler社と共同で施工した。

 2013年に着工し、1400エーカー(約566万m2)の敷地に、約100万枚の太陽光パネルを設置した。

 Cupertino Electric社は、Sempra U.S. Gas & Power社が稼働済みのメガソーラー「Copper Mountain 2」でもEPC(設計・調達・施工)サービスを担当しており、その実績が評価され、今回の出力250MWも受注したとしている。

■変更履歴
公開当初、所在地をネバダ州の「ボルダー」としていましたが、「ボルダーシティ」と修正しました。見出しと本文は修正済みです。 [2015/4/20 10:34]