マツダが設計したソファー
マツダが設計したソファー
[画像のクリックで拡大表示]
CX-3のデザインを参考にソファーを設計した
CX-3のデザインを参考にソファーを設計した
[画像のクリックで拡大表示]
自転車も開発。市販予定はない。
自転車も開発。市販予定はない。
[画像のクリックで拡大表示]

 マツダは2015年4月14日、ソファーを開発したと発表した。同社の車両に適用する「魂動(こどう)」と呼ぶデザインテーマを、ソファーの設計に採り入れた。同日からイタリアで開催される「ミラノデザインウィーク2015」に出展する。マツダ車に関心が薄い層に同社のデザインの考えを具体化して発信し、ブランド力の向上につなげる。ソファーを「発売する予定はない」(マツダ)という。

 ソファーは「Sofa by KODO concept(ソファー・バイ・コドーコンセプト)」と呼ばれる。小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「CX-3」のデザインで採り入れた、「力強く研ぎ澄まされた造形」(マツダ)の考えに基づいて設計した。ソファーに加えて、「ロードスター」の外観を想起させる自転車「Bike by KODO concept(バイク・バイ・コドーコンセプト)」も今回開発した。部品点数を抑えた単純な構造を基本に、1枚の鋼板を叩いて成形したフレームを搭載する。