PR
「LiveTalk」の利用イメージ
「LiveTalk」の利用イメージ
[画像のクリックで拡大表示]
テキスト化された文字情報をリアルタイムで複数のパソコン画面に表示
テキスト化された文字情報をリアルタイムで複数のパソコン画面に表示
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、聴覚障がい者と健聴者のリアルタイム情報共有に活用できるコミュニケーションツール「FUJITSU Software LiveTalk(フジツウ ソフトウェア ライブトーク)」を発表した。企業や学校向けに、2015年5月中旬から販売する。

 LiveTalkは、ハンドマイクやヘッドセットマイクからの発話を音声認識技術によってテキスト化し、その文字情報を無線LAN環境に接続されているパソコンの画面にリアルタイムで表示する。複数人が同時に発言した場合も、テキスト化を並行処理して同時に表示できるため、話の流れを正確に把握することが可能になる。筆記通訳などを利用しなくても、聴覚障がい者と健聴者が円滑に双方向コミュニケーションを取ることができる。

 キーボード入力にも対応し、テキスト化された発言をパソコンで修正することも可能。直感的に意思を表示できるスタンプ入力や、使用頻度の高い文章を登録しておいてスムーズに発言できる定型文入力機能なども備える。

 同製品の研究開発は、総務省平成25年度情報通信利用促進支援事業費補助金の採択を受けて実施された。音声認識技術にはアドバンスト・メディアの音声認識ソフトウエア「AmiVoice SP2」を使用する。価格は1セット(5ライセンス)で20万円、ライセンスの追加は1ライセンスで5万円(ともに税別)。