稼働を始めた「juwi自然電力福島棚倉太陽光発電所」(出所:juwi自然電力)
稼働を始めた「juwi自然電力福島棚倉太陽光発電所」(出所:juwi自然電力)
[画像のクリックで拡大表示]

 juwi(ユーイ)自然電力(東京都文京区)は、福島県棚倉町に0.5MWの太陽光発電所を建設し、3月31日に発電を開始したと発表した。発電所名は、「juwi自然電力福島棚倉太陽光発電所」。発電事業の主体は、juwi自然電力となる。同社として、初めての自社保有の発電所となる。

 今回のプロジェクトは、他社が計画を進めたものの、進捗が滞っていた案件を自然電力が譲り受けたもの。自然然電力グループとして、既存のプロジェクトを買収した案件は初めてという。事業用地が、東西に傾斜して広がっており、技術的に難しい要素があったが、パネル設置など設計・施工を工夫することで、完成に至ったとしている。

 EPC(設計・調達・施工)サービスはjuwi自然電力、太陽光パネルは中国BYD、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製、架台はドイツ・シュレッター製を採用した。今回のプロジェクトで蓄積した施工ノウハウは、今後全国で需要の見込まれる、ゴルフ場など傾斜地での設置に生かせるとしている。