西脇工場内の出力1.5MWのメガソーラー(出所:オリエンタル白石)
西脇工場内の出力1.5MWのメガソーラー(出所:オリエンタル白石)
[画像のクリックで拡大表示]
自社のプレストレストコンクリート製基礎を採用(出所:オリエンタル白石)
自社のプレストレストコンクリート製基礎を採用(出所:オリエンタル白石)
[画像のクリックで拡大表示]

 建設会社のオリエンタル白石は4月13日、兵庫県西脇市にある同社の西脇工場内の出力1.5MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)が稼働したと発表した。4月10日に売電を開始した。

 西脇工場内の遊休地にメガソーラーを建設し、有効活用した。同工場の8万3000m2の敷地のうち、約2万7000m2に太陽光発電システムを設置した。

 基礎の一部に、同社製のプレストレストコンクリート(応力を加えたコンクリート)製を採用した。この基礎は、施工性に優れるほか、強風時の安定性を向上できるとしている。

 太陽光パネルの設置高は、約50cmとした。

 太陽光パネルは京セラ製、パワーコンディショナー(PCS)は日立製作所製を採用した。