PR
カセッテサイズデジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO Smart C12」
カセッテサイズデジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO Smart C12」
[画像のクリックで拡大表示]

 富士フイルムは2015年4月15日、DR(Digital Radiography)方式のカセッテサイズデジタルX線画像診断装置「CALNEO Smart(カルネオ スマート)」シリーズの新モデルとして、四切サイズのバッテリー交換タイプでは世界最軽量の「FUJIFILM DR CALNEO Smart C12」を発表した。5月1日に富士フイルムメディカルを通じて発売する。価格は標準構成で2290万円(税別)。

 小児や新生児の撮影、または四肢や頭部など範囲を限定した撮影を想定した10×12インチの四切サイズモデル。重さは1.6kgで、バッテリー交換タイプのカセッテサイズデジタルX線画像診断装置としては世界最軽量を実現しているという。

 独自開発のノイズ低減回路とX線照射面側から発光信号を読み取る「ISS(Irradiation Side Sampling)」方式のFPD(Flat Panel Detector:X線画像平面検出器)を搭載し、蛍光体にはX線吸収率の高いCsI(ヨウ化セシウム)を使用する。低線量で高画質なX線撮影が可能となるため、撮影時の被ばく低減が期待される。

 本体設計には、フラットパネルセンサーの裏側カバーの内側全面にリブ補強を施したフレームや、軽量で高強度のマグネシウム合金を採用。全面耐荷重310kgという高い堅牢性を備える。また、フレームの側面をラウンド形状することで、病棟撮影時の患者とベッドの間への挿入性を向上させている。

 パネル全面には独自の技術「Hydro Ag」で抗菌コートを施しているほか、IPX6準拠の防水性能を装備。オプションとして、回診撮影用システムのドッキングスタンド(バッテリーチャージャー機能兼用)に本製品を差し込むだけで、簡単にコンソールとの通信を切り替えられる「無線ブリッジ」機能も備える。