PR
発売した「Vitrea V7」
発売した「Vitrea V7」
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝メディカルシステムズは2015年4月15日、複数のモダリティに対応できる医用画像処理ワークステーション「Vitrea V7」を国内で発売した(リリース)。X線CT装置やMRI、ガンマカメラ、PET-CT装置など複数の医用画像装置で撮影した画像を統合的に扱える。臨床各科に対応するアプリケーションに加え、撮影プロトコルの管理や線量情報管理ツールなどを搭載し、撮影から画像処理までを包括的に担う。

 最大3ユーザーが同時に臨床アプリケーションにアクセスでき、クライアント端末は5台まで接続可能。自社のアプリケーションだけでなく、他社のアプリケーションを搭載できるようにしたことも特徴だ。

 マネジメント機能も充実させた。被ばく量を低減する線量マネジメント機能や、装置の稼働状況のモニタリング機能などを搭載している。