PR

ゴールデンウイークの特別企画として、2015年1~4月記事ランキングのベスト10を紹介する。第1弾はクルマ編。第1位と2位は御堀直嗣氏の注目新車インプレッションから新型「レガシィ」と「ムーヴ」がランクインした。3位にはコラム「トヨタの燃料電池車「MIRAI」の開発責任者に聞く」が入った。

1位
コラム 御堀直嗣の注目新車インプレッション 新型「レガシィ」、意のままに操れる「B4」と熟成不足の「アウトバック」

富士重工業の「レガシィ」が、レオーネの後継として登場したのは1989年のことだった。それから25年を経て、6世代目へフルモデルチェンジをした。個人的には、2世代目レガシィに14年も乗っていたので、思い入れのある車種で…

2位
コラム 御堀直嗣の注目新車インプレッション ダイハツ「ムーヴ」、ゆとりあるエンジン性能ながら電動化ではやや遅れ

ダイハツ工業の「ムーヴ」は、スズキの「ワゴンR」と双璧をなす、軽ハイトワゴンの人気車種である。今回の全面改良により、6世代目に至ったが、近年の軽自動車の進歩は目覚ましい。2モデル前の4世代目でかなり車体剛性の高い…

3位
コラム トヨタの燃料電池車「MIRAI」の開発責任者に聞く 第1回 燃料電池車はEVよりも何が優位か?

 世界で初めて量産型の燃料電池車(FCV)を発売したトヨタ自動車は、FCVを「究極のエコカー」(同社代表取締役副社長の加藤光久氏)と断言する。トヨタのFCVに対する力の入れようは突出しており、2015年1月にはFCVに関連する特許…

6位
コラム 上海発・EMS通信 アップルのEVはやはり鴻海が造るのか
7位
「世界中の化学産業を変革したい」との思いで、起業しました コラム トヨタの燃料電池車「MIRAI」の開発責任者に聞く 第2回 「この車名でいいのかな?」、豊田社長はつぶやいた
8位
ニュース トヨタの新エンジンは最大熱効率40%以上 「世界最高」の効率
10位
0.1mm単位の戦いを展開する薄型スマホ最前線 新車レポート ロードスター 新型「ロードスター」、新設計6MTは6速直結