PR

横河電機は、プラントで燃焼時のガス濃度を測定するレーザーガス分析計の新製品「TDLS8000」を2015年5月7日に発売する。従来機種「同200」に比べて測定精度を向上させるとともに操作性を改善したのが特徴。酸素(O2)、一酸化炭素(CO)、メタン(CH4)、アンモニア(NH3)の他、近赤外線領域に吸収される性質があるさまざまなガスの濃度を測定できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料