PR
細胞膜領域(水色)の特定発現タンパク「HER2」に吸着する蛍光ナノ粒子(赤色)
細胞膜領域(水色)の特定発現タンパク「HER2」に吸着する蛍光ナノ粒子(赤色)
[画像のクリックで拡大表示]

 コニカミノルタは、創薬研究向けの病理標本作製サービスを2015年7月に始める(リリース)。銀塩写真用粒子技術を生かした、蛍光ナノ粒子を使ったものである。

 細胞・生体イメージング向けの蛍光検出技術として注目を集めているものの1つに、有機蛍光色素を使う手法がある。ただし、従来の有機蛍光色素では褪色や輝度の低さ、検出の感度や定量性の低さが課題だった。

 コニカミノルタは今回、銀塩写真用粒子で培った技術を応用した、ナノサイズの蛍光体粒子(蛍光ナノ粒子)を開発。褪色の課題を解決するとともに、高輝度化を実現した。この蛍光ナノ粒子を抗体と結合して病理染色に利用すると、がん組織における特定タンパク質(マーカー)の検出の感度や定量性を高められるという。

HER2やc-METなどを対象に

 病理標本作製サービスは、新組織科学研究所(東京都青梅市)の協力を得て実施するもの。臨床試験に広く利用されている検体(ホルマリン固定パラフィン包埋組織)を使って、蛍光ナノ粒子染色標本を作製。これを基に顕微鏡画像や画像解析を提供する。

 検出対象とするマーカーはHER2とKi-67、c-MET、PD-L1で、順次追加予定。このうち、例えばHER2は細胞膜に存在する受容体で、その発現量が多い乳がん(HER2陽性乳がん)はがん細胞の増殖が速く予後不良とされる。画像解析はオプションで提供するもので、対象となるタンパク質の発現量を数値化できる。

 今回のサービスは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「がん超早期診断・治療機器の総合研究開発プロジェクト」で得た開発成果に基づくもの。「第104回 日本病理学会総会」(2015年4月30日~5月2日、名古屋国際会議場)で関連展示を行う。コニカミノルタは今後、コア技術であるナノテクノロジーを駆使した体外診断分野での研究開発を加速するとしている。