ソーラーフロンティア(東京都港区)は4月28日、Gestamp North America社が保有する合計出力280MW規模の太陽光発電所の開発案件を取得したと発表した。ゲスタンプ(Gestamp)社は、スペイン系の自動車部品大手で、グループ企業を通じて世界各地でメガソーラー(大規模太陽光発電所)開発も展開している。

 ソーラーフロンティアが取得するメガソーラー開発プロジェクトは、主に米カリフォルニア州にある10案件で、完成時の設備能力は合計で出力280MWとなる。最も開発が進んでいる案件は、カリフォルニア州カーン郡にある出力15MWのサイトで、間もなく着工するという。

 その後、出力20MWの発電所が2015年第2四半期中に着工する見込み。また、これらの開発案件の売却先となる長期の投資家との協議についても平行して進めている。

 ソーラーフロンティア・アメリカズは、同案件の取得にともなってソーラーフロンティア・アメリカズ・ディベロップメントを設立し、同社のCEO(最高経営責任者)には、チャールズ・ピメンテル(ソーラーフロンティア・アメリカズCOO)氏が就任し、マネジング・ディレクターにはキャリー・バンデンバーグ(ソーラーフロンティア・アメリカズVP, Business Development)氏が就任する。ピメンテル氏は現職との兼務となる。

 また、Gestamp Solar の開発チームがソーラーフロンティア・アメリカズ・ディベロップメントに加入する。これにより、米国市場での事業拡大の足掛かりとする方針。ソーラーフロンティアは今回の案件取得を通じて、海外市場において包括的な太陽光発電ソリューションプロバイダーとしての地位を確立したい考え。

 ソーラーフロンティア・アメリカズ・ディベロップメントのCEOに就任したチャールズ・ピメンテルは、「ソーラーフロンティアは、米大陸への大規模な投資を続けていく」と述べた。