今年4月に竣工した「足柄大井ソーラーウェイ」(出所:日経BP)
今年4月に竣工した「足柄大井ソーラーウェイ」(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京都は4月21日、「官民連携再生可能エネルギーファンド」の第1号案件として、2つのメガソーラー(大規模太陽光発電所)事業に対して投融資した、と発表した。対象となったメガソーラーは、神奈川県大井町の「足柄大井ソーラーウェイ」と埼玉県行田市の「行田ソーラーウェイ」。

 官民連携再生可能エネルギーファンド事業は、再生可能エネルギーの広域的な普及拡大と、都内での導入の推進を目的に、東京都が進めている(関連記事)。ファンド運営事業者として、日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジー(東京都千代田区)と、独立系の投信投資顧問会社のスパークス・アセット・マネジメント(東京都品川区)の2社を選定していた。今回、投融資したのは、JAG国際エネジーが運営するT・JAGグリーンエナジー投資事業有限責任組合となる。

 「足柄大井ソーラーウェイ」と「行田ソーラーウェイ」は、日本アジアグループの開発したメガソーラーで、前者は出力約12.5MW、後者は出力約2.4MWとなる。両案件とも、EPC(設計・調達・施工)サービスは東光電気工事が担当し、太陽光パネルは東芝製、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用している(関連記事)。