ソーラーフロンティア(東京都港区)は4月30日、同社のドイツ拠点子会社であるソーラーフロンティア・ヨーロッパがトルコの太陽光発電事業者であるKonar Energy社と、23 MW規模のCIS化合物型太陽光パネルの供給契約を締結した、と発表した。日本で生産している太陽光パネルをトルコ国内で建設を予定している5か所の太陽光発電所に供給する。

 トルコの内陸に位置するコンヤの5.9MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)と、ブルドゥルにある4.7MWのメガソーラーに向け、間もなく出荷を開始する。他の3つの発電所は、いずれもトルコ南部で建設が計画されており、2016年後半に出荷する予定。

 Konar Energy社のトルガ・オズデミルCEO(最高経営責任者)は、「ソーラーフロンティアのCIS型太陽光パネルは、従来の結晶シリコン型パネルを実発電量で勝ることから、特にトルコの高い気温など、厳しい環境における使用に適している」とのコメントを出した。

 ソーラーフロンティアは、「トルコという新市場に進出することで、中期的な成長戦略の一環であるグローバル展開に向け、前進することになる」としている。

 トルコのKonar Energy社は、2016年末までに30 MW規模のメガソーラーの建設を計画しており、2018年末までに合計100 MWの発電規模を目標に投資を続けている。