PR
harmoのホームページより
harmoのホームページより
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2015年6月から、同社が展開する電子お薬手帳サービス「harmo(ハルモ)」の東京都内における試験導入を開始する。

 まずは一般社団法人世田谷薬剤師会と連携し、東京都世田谷区の薬局に対して試験サービスを提供。その後、東京都文京区の水野薬局にも提供する。水野薬局は1909年創業の日本初の調剤薬局として知られる。

 harmoは非接触型ICカードのFeliCaを用いてオンラインサーバー上で調剤情報や服用回数、飲み方など管理するクラウドサービス。2013年、神奈川県川崎市へ導入したのを皮切りに、これまで250を超える薬局に提供され、約1万1300人の一般利用者を持つ。履歴情報管理にとどまらず、医師や家族間の情報共有によるリスクコミュニケーション支援にも役立つとしている。