PR
TeraMedica社のシステム導入後のイメージ。異なる診療科間や複数施設間で、診療情報を一括管理できる
TeraMedica社のシステム導入後のイメージ。異なる診療科間や複数施設間で、診療情報を一括管理できる
[画像のクリックで拡大表示]
導入前のイメージ。診療情報は各診療科で個別に管理される
導入前のイメージ。診療情報は各診療科で個別に管理される
[画像のクリックで拡大表示]

 富士フイルムは2015年5月11日(米国時間)、米国の医療ITシステムメーカーであるTeraMedica社を買収し、100%子会社化した(リリース)。TeraMedica社はベンダーに依存しない、いわゆるベンダーニュートラルな診療情報アーカイブシステムに強みを持つ。

 TeraMedica社は米Mayo Clinicの協力を得て、複数メーカーの医用画像情報システム(PACS)や臨床部門システムで管理される診療情報を一括管理できるアーカイブシステムを開発。2003年に米国で発売し、全世界で計300以上の病院に導入してきた。

 富士フイルムは、TeraMedica社のシステムの米国での販売に関し、2013年から同社と提携関係にあった。子会社化により、同社システムの導入を加速するとともに、病院間の診療情報連携システムの構築にもつなげるという。

 富士フイルムは医療IT分野では、医用画像情報システム「SYNAPSE」を核に、循環器画像システムや内視鏡・超音波情報管理システム、生体情報システムなどを提供中。これらとTeraMedica社のアーカイブシステムを組み合わせ、診断に寄与するソリューションを提案していく。