PR
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタ自動車とマツダは2015年5月13日、魅力あるクルマ作りをさらに強化することを目的に、中長期の包括的な業務提携に向けて基本合意したと発表した。19時から都内で開催した記者会見は、両社長の固い握手で始まった。具体的な協業内容については、今後両社で組織する検討委員会で決める。

 両社は環境、安全技術をはじめとして、経営資源の活用や、商品・技術の補完を図り、相互に強みを生かしていく方針。

 現在、トヨタはマツダにハイブリッド技術をライセンス供与しており、マツダもメキシコ工場でトヨタ車を生産するなど業務提携している。今後は個々の提携を超えて中長期的に幅広い分野で協力関係を探っていくという。

 トヨタ社長の豊田章男氏は「会社の規模ではトヨタの方がマツダよりも大きいが、規模が小さいからこそ魅力的なデザインや技術コンセプトなどで、マツダが先行している分野もある。しかもマツダは数々の困難を乗り越えてきた。現場の技術者の交流を通してチャレンジ精神などを学ばせてもらうことが確実にプラスになる」と述べた。

 マツダ社長の小飼雅道氏は「トヨタと包括的な業務提携ができるテーブルに立つところまできた。トヨタの知見を基に、マツダのSKYACTIVの価値をさらに高めていきたい。最高の人材を当社から出して成果を出す。身の引き締まる思いだ」と決意を述べた。