PR

 シャープは2015年5月14日、2014年度(2015年3月期)の連結決算と、2015~2017年度の中期経営計画を発表した。2014年度の売上高(連結)は前年度比4.8%減の2兆7862億円と前年を下回り、480億円の営業赤字(同)に転じた。2014年5月12日の期初予想から、テレビなどのデジタル情報家電部門と液晶パネル部門の収益が大幅に悪化し、赤字転落の要因になった。2015年1~3月期に構造改革費用を追加計上したことで、当期純損益(同)は2223億円の大幅な純損失となった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料