島根工場(写真:パナソニック)
島根工場(写真:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]
滋賀工場(写真:パナソニック)
滋賀工場(写真:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニック エコソリューションズ社は、太陽電池モジュール「HIT」の国内2工場に合計95億円を投じ、生産能力をグローバルで1GW超に増強する(発表資料)。太陽電池セルの生産拠点である島根三洋電機の島根工場(島根県雲南市)とモジュールの生産拠点である滋賀工場(滋賀県大津市)の生産ラインをそれぞれ増設する。投資による太陽電池モジュールの追加生産能力は150MW/年。新ラインの稼働開始は2016年3月を予定している。この投資により、2015年度末には、マレーシア工場(マレーシアのケダ州)と二色の浜工場(大阪府貝塚市)と合わせて、1GWを超える太陽電池モジュールの生産体制が整うという。

 パナソニックは、生産能力を増強することで、国内外の太陽光発電市場の需要に応えていく。特に国内では、同社グループの総合力を生かし、太陽光発電システムをコアとして、CO2冷媒ヒートポンプ給湯機「エコキュート」や蓄電池、省エネ家電などとの連携によって、快適な節電生活をサポートするという「スマートHEMS」の事業拡大を目指す。