PR

 米Analog Devices社は、0.05dBのRF出力までのセトリング時間が7.5μsと短いRFスイッチIC「HMC1118LP3DE」を発売した。対応する最大周波数範囲は9k~13GHz。スイッチの構成は単極双投(SPDT:single pole dual throw)である。Siプロセス技術で製造した。GaAsプロセス技術で製造した同様の製品と比べるといくつかのメリットがあるという。具体的には、セトリング時間が1/100と短いことや、静電気放電(ESD)耐圧がGaAs製品の250Vに対して2000Vと高いことなどである。計測器や自動テスト装置、防衛用電子機器、無線通信機器などに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)