PR
下部消化管用拡大スコープ「EC-L600ZP」
下部消化管用拡大スコープ「EC-L600ZP」
[画像のクリックで拡大表示]
下部消化管用拡大スコープ「EC-L600ZP」の先端部
下部消化管用拡大スコープ「EC-L600ZP」の先端部
[画像のクリックで拡大表示]

 富士フイルムは、内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」用スコープの新モデルとして、高解像度CMOSセンサーを搭載した下部消化管用拡大スコープ「EC-L600ZP」を発表した。富士フイルムメディカルを通じて、2015年5月29日に発売する。

 LASEREOは、内視鏡システムの光源に波長の異なる「白色光観察用レーザー(白色光用レーザー)」と「狭帯域光観察用レーザー」の2種類のレーザーを搭載。白色光用レーザーは、蛍光体で生成したスペクトル幅の広い白色光を照射することで自然な色の画像を再現する。一方、狭帯域光観察用レーザーは、波長が短いスペクトル幅の狭い光を照射することで、粘膜表層の微細血管やわずかな粘膜の凹凸などのコントラストを強調して画像をシャープに映し出せる。

 EC-L600ZPはLASEREO用スコープとしては初めて、イメージセンサーに高解像度CMOSセンサーを採用した。さらに、粘膜表層の微細血管のコントラストを高めて強調表示する「Blue LASER Imaging(BLI)」や、粘膜表層の微細血管のコントラストを高めた画像に対して赤色領域のわずかな色の違いを画像処理で見やすく表示する「Linked Color Imaging(LCI)」といった機能を搭載。これらの機能を組み合わせることで、低ノイズで高解像度な画像を表示できる。

 最短1.5mmからの近接観察が可能な新設計のレンズを装備。光学拡大時の動作モードには、通常の「連続ズーム動作モード」のほかに簡単なボタン操作で段階的に拡大できる「ステップズーム動作モード」を新たに追加、拡大観察時のピントの合わせやすさを向上させている。

 そのほか、患者の身体的苦痛を低減するための“細さ・軟らかさ”と、操作者の微妙な力加減を効率的に先端に伝えられる“硬さ”の両立についても追求。軟性部に高い弾発性を持つ新素材を採用して高追従挿入部とするなど、患者の苦痛低減と検査効率の向上を図っている。