PR
おらのタブレットの利用イメージ
おらのタブレットの利用イメージ
[画像のクリックで拡大表示]
おらのタブレットのホーム画面
おらのタブレットのホーム画面
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは、高齢者向けの見守りソリューション「おらのタブレット」を発表した。全国の法人や地方自治体向けに2015年6月1日から提供を開始する。

 おらのタブレットは、法人や地方自治体が1人暮らしの高齢者などを対象に、日常生活に関連する情報や災害情報などをタブレット端末のアプリで分かりやすく提供するもの。タブレット端末では、五十音や手書き、音声入力に対応した「メール」アプリ、日々の血圧や歩数を入力する「健康管理」アプリ、ゲーム感覚でトレーニングできる「脳トレ」アプリなどが利用できる。

 法人や地方自治体は、メールの開封通知を利用した高齢者の安否確認や、血圧データを連携した健康管理に役立てることが可能。家族はメールやテレビ電話でのコミュニケーションツールとして、商工会は買い物支援ツールとして活用できる。

 今回のソリューション開発に当たっては、長野県大町市と天龍村の両自治体と住民に試作品を使ってもらいその効果などを測定。利用にはヒアリングを実施し、高齢者の意見を反映して独自に開発した。画面の見やすさや文字入力、操作性などに配慮したほか、ホーム画面のキャラクターや表示内容を日々変更して毎日楽しく使ってもらう仕組みも備える。