PR
筋力トレーニング機器「ひざトレーナー」
筋力トレーニング機器「ひざトレーナー」
[画像のクリックで拡大表示]
「ひざトレーナー」の装着イメージ
「ひざトレーナー」の装着イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは、久留米大学医学部の志波直人主任教授を中心とした研究グループと共同で、脚力低下に悩む高齢者などに向けた筋力トレーニング機器「ひざトレーナー」を開発した。発売日は2015年8月21日、価格は14万8000円(税抜)。

 ひざトレーナーは、志波主任教授が2000年から研究するハイブリッドトレーニングとパナソニックのセンシング技術を融合した機具。歩きながらひざ周りを効果的に鍛えることを目的に、2010年から産学協同で開発を進めてきた。

 ハイブリッドトレーニングは、人間の動作と電気刺激を融合させた新しいトレーニング方法である。試作モデルの回路設計は、研究当初からパナソニックが担当した。国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟で行われた長期宇宙滞在における筋量低下への対処手法の検証実験では、ハイブリッドトレーニングのコンセプトを取り入れた特殊な実験機器を使用。宇宙での操作性検証や筋肉萎縮への予防効果の期待などが確かめられた。

 ひざトレーナーを装着して歩くと、動作時の脚の動きをボディモーションセンサーがセンシングして交互に伸びる筋肉に電気刺激をかける。これにより、通常歩行よりもひざ周りの前と後の筋肉を効果的に鍛えられる。さらに、ひざ関節に負担がかかる着地時にひざ周りの前と後の筋肉へ同時に電気刺激をかけ、筋肉を安定させながら歩くことも可能。脚力低下やひざに悩みを抱える高齢者の歩行運動をサポートする。

 コンディションにあわせて選べる6つのトレーニングコースを搭載。ウォーキング初心者向けの「いきいき歩くコース」、ウォーキングに慣れた人向けの「歩いて筋トレコース」、自宅でしっかり鍛えたい人向けの「家で筋トレコース」、運動をしない時の筋力維持を目的とする「座って刺激コース」、スクワットのみを単独で行う「スクワットコース」、ももあげのみを単独で行う「ももあげコース」がある。