PR

 大林組は、カメラを利用してブラインドと照明を統合制御する省エネシステムを、昭和電機の東京支店が入居するビルに導入した。「人が感じる明るさ感」を基にした制御と組み合わせることで、年間を通じた終日の照明の消費電力を60%削減する目標を達成できるかを検証する。さらに、卓上照明を含めた制御へと発展させるためのデータを収集する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い