PR
会場は米国カリフォルニア州ポモナのイベント会場「Fairplex」
会場は米国カリフォルニア州ポモナのイベント会場「Fairplex」
[画像のクリックで拡大表示]
競技会場の様子
競技会場の様子
[画像のクリックで拡大表示]
リハーサルの様子。写真中央のロボットは、Team NEDO-JSK(東京大学)の「JAXON」
リハーサルの様子。写真中央のロボットは、Team NEDO-JSK(東京大学)の「JAXON」
[画像のクリックで拡大表示]
ロボットの遠隔監視・制御を行う各チームのガレージの様子
ロボットの遠隔監視・制御を行う各チームのガレージの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 米DARPAが主催するロボットの国際コンテスト「DARPA Robotics Challenge(DRC)」の決勝戦(finals)が2015年6月5日(米国時間)に開幕する。

 DRCは2013年12月に開催された予選(trials)でベンチャー企業のシャフト(米Google社が買収)が1位となったことで知られる。

 決勝戦への出場はシャフトは辞退したが、世界中の大学や企業など24のチームが出場する。日本からは、東京大学や産業技術総合研究所などから5チームが出場する。優勝賞金は1位が200万米ドル(約2.5億円)、2位が100万米ドル、3位が50万米ドルと巨額だ。ヒューマノイド型が主体だが、ルール上はそれ以外のロボットでも可能である。

 予選では、クルマの運転や階段の昇降といったタスクごとに30分の時間が割り振られていたが、決勝戦では、そうしたタスクを連続して合計60分以内にこなすことが求められる。ロボットとオペレータ間の通信も制限されるため、より自律的な判断や制御が求められる。

 開幕前日の6月4日は、各チームのリハーサルが行われていた。