PR

 神奈川県は、介護現場にロボット技術を導入して従業員の負担や腰痛リスクを軽減する取り組みを開始した。導入施設の一つである特別養護老人ホーム芙蓉苑(横浜市港南区)において2015年6月12日、神奈川県知事の黒岩祐治氏も駆け付け導入発表イベントが実施された。

 導入する介護ロボットは、CYBERDYNEのロボットスーツ「HAL介護支援用(腰タイプ)」。芙蓉苑をはじめとする県内30カ所に3台ずつ導入する。具体的な利用方法は各施設がそれぞれ検討するが、移乗支援などで活用される見通し。

芙蓉苑でのデモの様子
ロボットスーツ「HAL介護支援用(腰タイプ)」を利用した移乗支援の様子

 神奈川県とCYBERDYNEは、ロボットスーツHALなどの医療福祉機器を中心にイノベーションと新産業の創出を推進する覚書を2015年4月23日に締結している。この一環としての取り組みである。

 今回は、職場の定着率向上とロボットの社会実装・新しい社会システムの構築を目指す神奈川県の「職場処遇改善コンサルティング支援事業」として実施する。予算は1億1900万円。

 神奈川県は同時に、人の力のみで抱え上げない介護・看護の理念や技術の普及などを行う「神奈川らくらく介護宣言」を発表。以下の3つのコンセプトを掲げた。

1 知ろう!
 介護・看護現場の管理者に対し、「神奈川らくらく介護宣言」の理念の普及啓発を図る

2 使おう!
 新たに介護・看護の現場で役立つと期待されるロボット・機器の導入を進める

3 学ぼう!
 介護・看護職を中心とする保健医療福祉の専門職全般を対象に、人の力のみで抱え上げない介護・看護技術の普及を進める

芙蓉苑での導入発表の様子
[画像のクリックで拡大表示]