「アルファ南アルプス太陽光発電所」(出所:アルファ)
「アルファ南アルプス太陽光発電所」(出所:アルファ)
[画像のクリックで拡大表示]

 錠や鍵、ロッカーなどを製造するアルファは6月10日、同社・群馬工場(群馬県館林市)の社有地に約1.66MWのメガソーラー(太陽光発電所)を建設すると発表した。初期投資は約8億1000万円。2016年12月に運転を開始する予定。
 
 EPC(設計・調達・施工)サービスは、JCU(東京都台東区)が担当する。約1万8600m2の社有地を有効活用し、年間の発電量は約1823MWhを見込む。

 同社は、すでに山梨県南アルプス市にある旧山梨工場の跡地を有効利用し、出力約1.76MWのメガソーラー「アルファ南アルプス太陽光発電所」を建設した。2014年12月に稼働し、今年5月末現在、計画に対して107%の実績という。