PR

 三菱電機は、営業運転中の小田急電鉄の車両に搭載した、直流1500V架線対応の同社の「フルSiC適用VVVFインバーター装置」について、主回路システム全体で約40%の省エネ効果があったことを明らかにした(発表資料)。フルSiCとは、SiC製のダイオードとトランジスタを採用したことを指す。三菱電機によれば、フルSiCのインバーターを搭載した営業運転中の鉄道車両で省エネ効果を実証したのは、今回が世界初という。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料