PR
患者搬送コンパートメント(PTC)の室内イメージ
患者搬送コンパートメント(PTC)の室内イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 ルフトハンザ ドイツ航空は、患者搬送コンパートメント(PTC)がエアバスA380型機、ボーイング747-8型に対応したと発表した。これにより2015年6月からフランクフルトとミュンヘンの両ハブ空港を出発する同社長距離路線の全ネットワークで、PTCの提供が可能となった。

 PTCは、技術会社ルフトハンザ テクニークがルフトハンザのメディカルサービスと協力して開発したコンパートメントで、既存の定期旅客機による「空飛ぶ集中治療室」を実現する。ルフトハンザでは、1999年からボーイング747-400型機やエアバスA340型機、A330型機でPTCを運用。毎年最大100人の集中治療対象患者を輸送している。

 今回は、エアバスA380型機とボーイング747-8型のために設計した新型のPTCが導入された。定期旅客機に導入したことで、従来型の救急機と比較して時間を最大で50%節約できるほか、コストを削減することも可能になったという。

 PTC内には、患者のベッドや治療に当たる医師とルフトハンザのクルーメンバー(PTCメディカルクルーメンバー)のための座席2つ、集中治療のための設備、必要な器材や医薬品を設置するためのスペースなどが確保されている。