PR

 富士通と米Fujitsu Laboratories of America社、米Fujitsu America社は、米国カリフォルニア州にある富士通サニーベールキャンパス内に新たな施設「Open Innovation Gateway - Powered by FUJITSU」(以下、OIG)を、2015年6月23日(現地時間)に開いた(ニュースリリース)。OIGは、アイデア創出から実証を経たビジネス化に向けて、社内やビジネスパートナーが共同で取り組み、イノベーションを生み出すためのプラットフォームだという。富士通グループは、OIGを通じて社内外のイノベーションを加速させるとする。

 富士通によれば、OIGを開設したサンフランシスコ ベイエリアは、様々な新技術やビジネスが生まれる世界のイノベーションの中心として知られている。同社では、この地で生まれた共創と起業の文化が、顧客やビジネスパートナーとのコラボレーションを促進し、イノベーションの創出につながると考えて、今回OIGを開設したという。

開設式 富士通の写真。
開設式
富士通の写真。
[画像のクリックで拡大表示]
守・破・離アプローチのイメージ 富士通の図。
守・破・離アプローチのイメージ
富士通の図。
[画像のクリックで拡大表示]

 OIGでは、日本における学びの思想、「守(Learn)・破(Break)・離(Create)」をベースにした継続的なイノベーションプロセスによって、社内外のイノベーション創出を支援するという。将来は、OIGがスピーディーなイノベーション実践の牽引役となり、ビジネスパートナーが自ら新たな価値を創造できる場となることを目指す。

 なお富士通によれば、「守(Learn)」は、ビジネスパートナーとともに、収益モデルまでを含む全体構想を見据えた新規ビジネスモデルを構築すること、を意味する。「破(Break)」は、エコシステムによりビジネスパートナーの強みを活かす新たな可能性を模索することである。「離(Create)」はオープン・サービス・イノベーションを通じた知識創造により、ビジネス活性化を市場にスピーディーに展開し、次の活動につなげる、ことだとする。