PR
高齢者住宅向け見守りサービスのイメージ
高齢者住宅向け見守りサービスのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]
今回の実証実験システムの概要イメージ
今回の実証実験システムの概要イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックと富士通は、高齢者向け見守りサービスの共同実証実験に乗りだす。パナソニックグループが運営するサービス付き高齢者向け住宅「エイジフリーハウス豊中庄内栄町」で、2015年6月から1年間実施する。

 今回の実証実験では、居室に設置したパナソニックのクラウドサービス対応型エアコンと富士通研究所が開発した非接触型生体センサーで、住空間情報や入居者の生活情報を検知する。

 パナソニックのエアコンでは温湿度の情報を取得。そのデータはパナソニックの見守りシステムに収集される。一方、富士通研究所のセンサーは、マイクロ波レーダーを照射することで3m範囲の微細な体動量を検知できる。収集した体動量データは、富士通の生体情報分析クラウドによる分析で入居者の在・不在、睡眠・覚醒状態のデータが抽出され、見守りシステムに提供される。

 介護職員は、見守りシステムに集約されたデータを入居者の生活情報としてモニター上で確認することが可能。入居者ごとにアラートのしきい値を設定したうえで、在室時の熱中症危険温度や、睡眠中の高頻度な覚醒状態などを検知してアラートを通知することもできる。さらに、入居者の生活状態に応じて、介護職員が空調を遠隔制御する仕組みの実証も行う予定だ。

 パナソニックと富士通は、今回の見守りサービスの受容性・効果検証を行ったのち、2016年度中のサービス提供を目指すとしている。