PR
Netatmo社のCOO(最高執行責任者)であるMatther Broadway氏
Netatmo社のCOO(最高執行責任者)であるMatther Broadway氏
[画像のクリックで拡大表示]
ネットワークカメラ「Welcome」、サイズは45mm×45mm×155mm
ネットワークカメラ「Welcome」、サイズは45mm×45mm×155mm
[画像のクリックで拡大表示]

 フランスNetatmo社は2015年6月26日、顔認識技術を搭載したネットワークカメラ「Welcome」を発売する。Welcomeはカメラが認識した顔と名前を結び付けて、スマートフォン(スマホ)で稼働する専用ソフトやWebブラウザーに「××さんが見えました」「■△さんは在宅中です」などのイベントと録画内容をタイムライン形式で通知する。自宅に設置して、「子供が無事に帰宅したか」「年配の親が倒れていないか、訪問看護をきちんと受けているか」「自宅を留守している間に、家政婦が依頼どおりに掃除に来てくれたか」などを確認する目的で利用する。

 ユーザーは専用ソフトやWebアプリケーションを使って、カメラが認識した人物の顔ごとに名前などのプロフィールを登録する。その際、人物ごとに「録画する」「録画しない」、「通知する」「通知しない」を設定。これによって、例えば、カメラで監視されることを嫌がる思春期の子供は「録画なし、通知のみ」とすることができる。知らない(登録されていない)顔の人物を検知した場合もユーザーに通知する。

 Welcomeの録画データはクラウドではなく、カメラ内のmicro SDカード(最大32Gバイト)に保存される。なおかつ、スマホからカメラにアクセスする通信に「銀行レベルの暗号」を施すことで、高度なセキュリティを確保しているという。

 カメラは画素数1920×1080ピクセルのフルHDで、画角は130°。接続機能はイーサネットとWi-Fi802.11 b/g/nの無線LANを搭載する。価格は2万9800円(税別)。専用ソフトは無料であり、追加の契約料金は発生しない。

 Welcomeは2015年1月に米ラスベガスで開催された「2015 International CES」で、「スマートホーム(Smart Home)」「家庭用電化製品(Home Appliances)」などの複数部門においてイノベーションアワードを受賞している(発表資料)。