PR

 英Aston Martin社は2015年6月24日、英国で開催されるイベント「Goodwood Festival of Speed」(6月25~28日)でこれまでで最高性能の「DB9 GT」を公開すると発表した。「DB9」の2016年モデルとして追加するDB9 GTは、改良された排気量6.0L・V型12気筒エンジンを搭載し、最高出力はこれまでのDBシリーズで最も高い402kW(547PS)/6750rpmとなる。最大トルクは620N・mで変わらないが、最大トルクを発生するエンジン回転数は従来の5000rpmから5500rpmになった。

[画像のクリックで拡大表示]

 フロントミッドに配置したV12エンジンは、シフトバイワイヤ制御のリアミッドマウントされた6速自動変速機「Touchtronic II」と組み合わせる。最高速度は294km/h。停止状態から100km/hまで4.5秒で達する。

[画像のクリックで拡大表示]

 ダブルウィッシュボーン式サスペンションに、減衰力を3段階で切り替えられる「Adaptive Damping System(ADS)」を備えた。そのほか新しいインフォテインメントシステム「AMi II」を装備する。「Vanquish」で初めて搭載した「AMi」のメニュー構造を改良し、より使いやすくしたという。

[画像のクリックで拡大表示]