PR
HF66F317/318の機能ブロック図 Holtekの図。
HF66F317/318の機能ブロック図 Holtekの図。
[画像のクリックで拡大表示]
HF66F319の機能ブロック図 Holtekの図。
HF66F319の機能ブロック図 Holtekの図。
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾Holtek Semiconductor社は、1.8~5.5Vと動作電圧範囲が広いMCU「HF66F317/318/319シリーズ」を発表した(ニュースリリース)。電動歯ブラシや電気剃刀、リモコンなどを狙う。

 いずれの製品も最小1.8Vで動作し、そのときの最大動作周波数は4MHz。3.3V以上の動作電圧では、最大動作周波数の16MHzで稼働する。CPUは同社独自の8ビットRISCコア。メモリーは、4/8/16Kバイトのフラッシュメモリー、128/192/256バイトのSRAM、64バイトのデータ格納用EEPROMである。

 周辺回路として、12ビットA-D変換器、コンパレーター、LCD/LEDドライバー、マルチファクンション・タイマー・モジュールなどを集積する。LED/LCDドライバーには最大4セグメント分の電流制御回路が付いており、電流制限抵抗やトランジスタを外付けしないで済む。GPIOは最大26本利用できる。

 3シリーズ間の違いは、搭載する周辺回路などにある。いずれのシリーズでも、パッケージは16ピンのNSOP、20/24/28ピンのSOP/SSOPが用意される。価格などは未公開。