PR

米Intel社の2015年第2四半期(4~6月)の決算は、売上高が前年同期比5%減の131億9500万米ドル、営業利益が同25%減の28億9600万米ドルだった。同社CEOのBrian Krzanich氏は当期の業績について「営業利益の70%がデータセンター、メモリー、IoTによるもので、厳しい状況にあるパソコン向け事業をカバーした。当社の事業構成の変化を示している」とコメントした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料