PR
新製品の機能ブロック図 Holtekの図。
新製品の機能ブロック図 Holtekの図。
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾Holtek Semiconductor社は、30~150WのLED照明に向けたドライバーIC「HT7L5821」を発表した(ニュースリリース)。力率改善コントローラーと疑似共振フライバックコントローラーを1チップにした製品である。

 高圧クイックスタート用に650V耐圧のJFETを内蔵する。新製品は、外付け部品が少なくても、高い電流安定性を持つという。力率改善コントローラーは遷移モードで使うことで、高効率で低コストのシステムを実現し、さらに全高調波歪を抑えるとする。また、疑似共振フライバックコントローラーは、従来型のPWM制御よりEMIを減らして効率を上げられるという。85V~~265Vの交流電圧を入力できる。

 新製品は、上記の2つのコントローラーに加えて、精度±2%のフィードバック用電圧リファレンス、ブラウンイン/ブランアウト検出回路、過負荷/回路短絡/オープンループなどの保護回路も内蔵している。140℃で自動的にシャットダウンとなる過熱保護機能がある。

 パッケージは16pinのNSOP。価格などの情報は未公表。