PR
今回の新製品 Samsungのデータ。
今回の新製品 Samsungのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国Samsung Electronics社は、画素ピッチが1μmで1600万画素のCMOSイメージセンサー「S5K3P3」の量産を開始した(ニュースリリース)。画素ピッチが1μmのモバイル機器向けCMOSイメージセンサーは今回が初めてだという。

 「ISOCELL」と呼ぶ独自技術を利用することで、画素ピッチを同社従来製品の1.12μmから1μmに縮小した。これにより1600万画素のモジュール全体の高さを従来比で20%減となる5mm未満に抑えることが可能になり、画素数を犠牲にすることなくカメラの出っ張りが小さなモバイル機器をデザインできるようになったとしている。

 また画素ピッチが縮小したおかげで画素間に物理的なバリアが設けられるようになり、隣接画素間の色干渉を大幅に削減した。これで、光学感度が向上したり、光子の制御が容易になり、暗い環境でも高い演色性を提供できるとする。