PR
新製品の機能ブロック図 Microchipの図。
新製品の機能ブロック図 Microchipの図。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microchip Technology社は、MIPS32 M4コアの32ビットマイコン「PIC32MX1/2シリーズ」を拡充した(ニュースリリース。具体的には、小型パッケージ封止品を追加した。

 PIC32MX1/2シリーズは元々低コストの要求が強いアプリケーション向けの製品である。今回追加されたのはピン数が28/44ピンのパッケージに封止した製品で、最小のパッケージは6mm×6mm。フラッシュメモリー容量は最大256Kバイト、SRAM容量は最大16バイトである。これまで、このメモリー容量の製品はもっと大きなパッケージに封止されていた。

 MIPS32 M4Kコアの最大動作周波数は50MHzで、性能は最大83DMIPS。最大13チャネル入力で1Mサンプル/秒の10ビットA-D変換器や、SPI/I2S、USBデバイス/ホスト/OTGインターフェースなどを周辺回路として搭載する。またCTMU(Charge Time Measurement Unit)や8ビット幅のPMP(Parallel Master Port)なども集積している。

 パッケージは28ピンのQFN/SPDIP/SSOP、または44ピンのQFN/TQFPVTLAである。既に量産出荷を開始しており、価格は1万個発注時に1個あたり1.91米ドルから。