PR
オムロンの顔認識ネットワークカメラ
オムロンの顔認識ネットワークカメラ
[画像のクリックで拡大表示]
赤ちゃん見守り用のスマホアプリ。動きや音声、笑顔などを検出できる
赤ちゃん見守り用のスマホアプリ。動きや音声、笑顔などを検出できる
[画像のクリックで拡大表示]

 オムロンは2015年8月25日、顔認識の機能を備える無線LAN対応のネットワークカメラ「ヒューマンビジョンコンポ 家族目線」を発表した。同社の画像認識エンジン(ソフトウエア)「OKAO Vison」を搭載しており、室内にいる赤ちゃんやペットの様子をインターネットを介してスマートフォンで確認できる。カメラの解像度は最大1280×720画素で、100度の画角で室内を撮影できる。壁や専用のスタンドに設置して、スマートフォンのアプリケーションと組み合わせて使用する。オムロンが用意するクラウドの認証サーバーを経由してカメラにアクセスする仕組みだ。認証後はアプリとカメラの間で直接通信を行うため、カメラの撮影画像はオムロンのサーバーには送信されない。外形寸法は70mm×42mm×70mm、質量は100g(スタンド取り付け時は70mm×67mm×147mm、287g)である。赤外線LEDも備えており、暗所の撮影にも対応する。価格(税込み)は2万9800円で、同年9月11日にAmazon.co.jpで販売を開始する(9月中旬には楽天市場でも購入可能)。

 新開発のネットワークカメラは、顔検出や顔認識、性別推定、年齢推定、表情推定、顔向き推定、視線推定、目つむり推定、手検出、人体検出、ペット検出、動体検出、音声検出といった13種類の検出・推定機能を備える。オムロンはこれらの機能を使う対応アプリの第1弾として、赤ちゃんの見守り向けの「家族目線 赤ちゃん」と、ペットの見守り向けの「家族目線 ペット」の2つのアプリを9月11日の発売と同時に公開する予定だ(Android OS版は9月11日、iOS版は9月下旬に公開予定)。

 家族目線 赤ちゃんは、赤ちゃんの様子を動画(15フレーム/秒)と音声で確認できる他、赤ちゃんの動きや泣き声を検知してスマートフォンに通知する機能を備える。この機能を使うと、例えば洗い物をしている最中に赤ちゃんがぐずり出したのを把握して本泣きになる前にあやしたりできるという。また赤ちゃんの笑顔を検知して通知・自動撮影する機能なども備える。

 家族目線 ペットは、動画・音声による見守りの他、ペットが正面を向いたときに正面顔を自動撮影する機能を備える。また、ペットの動いた領域をグラフィカルに見ることができ、部屋内のお気に入りの場所などが分かる。ペットの行動量をグラフ表示する機能なども備える。

 同社は今後、新型ネットワークカメラの対応アプリを順次増やす計画だ。第2弾として、子どもの帰宅や高齢者の様子などを見守る「家族目線 おるすばん(仮称)」の公開を予定している。またアプリの開発コミュニティーの形成も目指しており、コミュニティーサイトに登録した開発者に向けてアプリ開発のSDKを無償で公開する予定という。