PR
Bill of Material

 ある製品(またはアセンブリ)について,どのアセンブリ(または部品)がいくつ必要かを示した表やデータのことを総じてBOM(Bill of Materials:部品表)と呼ぶ。一覧で示す形式と,ツリー構造で示す形式が多い。ただし,表示方法やデータの持ち方などについては特に決まっておらず,部門の違いやツールの違いなど,何を目的とするかによってBOMの構造やBOMが持つ情報は異なってくる。

 一般に,製造業で使用するBOMには,部品やアセンブリの構成を定義するE-BOM(Engineering BOM)と,生産管理段階で部品の手配に使用するM-BOM(Manufacturing BOM)の二つがある。

 E-BOMの最大の目的は,製品情報を漏れのないように管理すること。「このアセンブリはどの部品(またはアセンブリ)で構成するのか」という部品構成を管理するとともに,その部品やアセンブリの詳細情報にたどり着きやすくする。CADデータに関連付けたり,属性として持たせた原価や名称などの情報をまとめて表示させることで,製品情報を容易に取得できるようになる。このE-BOMは,アセンブリファイルで読み込んだ部品やサブアセンブリの一覧をBOMとして出力するCADの機能によって作成できる。このとき,そのアセンブリが上の階層のアセンブリから読み込まれることで階層構造のBOMが生成される。

 また,E-BOMの定義の仕方は,設計業務の効率化と大いに関係がある。部品の集合を機能単位でアセンブリとして定義し,深い階層を持った部品構成にしておくことで,ある機能を持ったユニットの位置を変更したり,他の製品に流用することが容易になる。

 一方,生産管理システムに登録するM-BOMの最大の目的は,部品の手配にある。「生産段階のある工程でどの部品やアセンブリがいくつ必要なのか」という情報を持つことが求められるわけだ。このM-BOMの情報と,各工程の作業時間,部品の発注から納入までのリードタイムといったマスタ情報,部品やアセンブリの在庫情報などを基に,サプライヤへの部品発注数量や発注タイミング,各工程への生産指示内容を決める。これがMRP展開である。

 なお,M-BOMはどの部品がどのアセンブリに使われるか,といった情報は考慮しない。ある工程で必要な部品を漏れなく手配できれば良いからだ。

 このように,製造業では部門によって異なる性格のBOMが必要であるため,E-BOMとM-BOMを統合して管理作業を効率化しようとする動きは従来から盛んだった。例えば,設計や生産,購買などの担当者がそれぞれ見たい情報だけを切り出してBOMを抽出できるBOM管理機能を提供するベンダーも出てきた。BOM情報を統合するための器は揃いつつあると言えるだろう。

 しかし,課題はBOMを管理する器ではなく,E-BOMで足りない情報をどのように補うか,という点にありそうだ。E-BOMとM-BOMで共通するのは部品番号程度。M-BOMの作成には,製造工程を検討したうえで各種の情報を登録する必要がある。そこで現在は,E-BOMを読み込んだうえで製造工程をシミュレーションで検討することでM-BOMに必要な情報を決められる工程設計ツールに注目が集まっている。

過去の日経ものづくりにみる関連記事
  • ネクステック,PLMソリューションに関するアンケートを実施(2004年10月29日)
  • SRDとティーピクス研,部品表や3次元CADデータと生産管理を連携(2004年3月5日)
  • 富士通と富士通BSC,「WebPDMソリューション」の販売を開始(2004年1月14日)