PR
citizend band

 市民無線とも呼ばれる。空中線電力が0.5Wまでといった制限はあるものの免許不要で使える無線(技術基準適合証明を受けた端末を使う)。利用帯域は,主に約27MHz~28MHzである。

 CB無線は便利な半面,違法なブースター(RFパワー・アンプ)などが流通してしまっていた。こうした違法機器によって出力を3kWまで高めた場合,通信距離は100kmを超えるという。

 このような改造無線機は,広範囲に移動しても通話ができるようにと,トラックの運転手らの間で広まったことがある。こうした改造無線機から発射された強烈な電波が,近くのテレビやラジオなどに受信障害を与えたり,機器の誤動作を誘発したりといった問題を引き起こしていた。